史上最強の哲学入門 哲学を学ぼう

 

世界を区別する

 

ソシュール

 

存在とは何か?

その答えの一つにソシュールはたどり着きました。

 

言語とは差異のシステムである

 

差異は、史上最強の哲学入門では、区別と表現されています。

 

 

そして、区別するのは、それぞれ壁する必要があるからです。

 

みんな同じ人間であるけど、名前をつけるようにです。

 

つまり、区別することにより、存在するのです。

 

陽たぬきは、人間という括りから、あるいは、有機物という括りから、ようたぬきと区別されることにより、存在している。

 

ソシュールは考えたのです。

 

これこそが、存在の正体です。

 

 

 

以上を持ちまして、今回の史上最強の哲学入門 話終わりたいと思います。

 

どうでしょうか?哲学を学べたでしょうか?

例えそうでなくても、少しでも哲学に興味を持っていただけたら幸いです。僕はこの本を読んで、考えることの美しさに気がつけました。

 

これからも、あらゆることを考えて考えていこうと思います。

 

では今回はこの辺でありがとうございました。