史上最強の哲学入門 哲学を学ぼう

 

私と他者との関係を成り立たせるもの

 

レヴィナス

 

レヴィナス他者論という哲学を提唱しました。

 

彼はユダヤ人であり、ナチスによる迫害を受けていました。そしてたくさんの大切な人々を亡くしました。

しかし、世界はそれでも継続していくということに気がつきました。

彼はそのことに恐怖を抱いたのです。

 

彼が言う他者というのは、自分が唱える哲学の例外を指す言葉です。

 

そこでこの例外は必ず出てきます。そのため、今まで追求してきた、絶対的真理の旅は終わってしまった。終わらない。見つけられない。と言うことを意味しています。

 

しかし、逆を言えば、永遠に終わらない旅を人類は続けることができるのです。